義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年5月26日火曜日

令和2年5月21日オンライン居合稽古

 本日は、火曜日に引き続き、石原が担当いたしました。
前回、時間切れで中途半端に終わっていまった、「体軸」を保つための筋肉(インナーマッスル)の説明と、そのトレーニングを実践しました。
インナーマッスルは、アウターマッスルと異なり、自分ではほとんど意識できません。この意識できない筋肉をどう鍛えて「体軸」を保つかが今日のテーマです。
必要な主だったインナーマッスルは、体の上のほうから次の通りです。
・頚長筋(けいちょうきん)
・横隔膜(おうかくまく)
・大腰筋(だいようきん)
・ハムストリングス
・ヒラメ筋
・腓骨筋(ひこつきん)
・後脛骨筋(こうけいこつきん)
これらの筋肉の鍛え方をひとつずつ実践しました。
居合で着座するとき、抜きつけのとき、切り下し、残心、ほとんどの動作で必要な筋肉です。真剣にやると、少ない回数でも疲れます。

ステイホームが続く中、来るべき道場稽古再開に向けて、鍛えましょう。

記/石原