義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年11月16日金曜日

11月15日 居合稽古

今日は、来週に迫った昇段審査会を視野に入れての最終的な仕上げ段階となるべく稽古でした。
特に姿勢、剣勢、堂々たる居合を目指して・・・。

先生から指摘を受けたところは集中して繰り返しますが、
やればやるほど各自の直すべき修正点に気づきます。

思うような動きが決まらなかった時は、次の動きでリカバーするように気持ちを瞬時に切り替えるようアドバイスをいただきました。
自分との戦いです。
居合は奥が深くて難しいですが、そこが実に面白いと四段を過ぎた頃からひしひしと感じます。
審査まであと一週間。がんばりましょう!

長塚範士、所、馬場、田中、山野、立谷、古山、林
記/馬場

2018年11月15日木曜日

11月13日 居合稽古

二段以下の組は始礼から終礼までを繰り返し行いました。
各士の動作の理解不足の部分について、所講師から適確なアドバイスがありました。  
三段以上の組は「壁」「手の内」「動作のタイミング」について細部の動きの理解に努めました。
細やかな操作は長い時間をかけて身に染み込ませていかねばなりません。
イメージトレーニングも大切です。
考え理解した動作と操作が肝要です。
頑張りましょう!

所、二村、馬場、藤沢、田中、山野、立谷、古山、林
記/長塚