義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2021年11月26日金曜日

令和3年11月26日 田宮流居合術稽古 中目黒青少年プラザ

 あと10日間ほどに迫った田宮流居合術昇段審査、初段は基本中の基本の定めをしっかりと守るように。
立ち姿勢でのつま先の向き、足の左右幅、足の前後幅、前膝の保持…など

上位段の保持者は小さな一つの動きにも必ず起承転結があることをよく理解し操作をすること。
例えば…斬り付けの起承転結
〔斬り始め(起)→斬り掛かり(承)→斬り付け(転)→斬り納め(結)〕
斬り始め→鞘放れから軌道を描きつつ小指薬指を締めて握り込み始める
斬り掛かり→切先を獲物に向けてトップスピードへ
斬り付け→柄を正確に強く握り斬り手で定めた箇所を斬り終える
斬り納め→力を解き人差し指中指の
骨法で定めの位置で刀を納める

奥深く、長い道のり…一つひとつ身に付けて歩いて行きましょう。


先日行われました弓術審査会において合格しました会士3名の
允可状授与式を執り行いました。
おめでとうございます!


長塚 石原 藤沢 林 近藤 太田 稲上
記 / 長塚

2021年11月19日金曜日

令和3年11月18日 森重流砲術火縄銃稽古 中目黒プラザ

 居放しから伏せ放し までの10本稽古。
二段、三段、四段の形稽古。
技の連続性を円滑に行うには武術の操体の心得無くしてはただの真似になります。
形の演武の稽古を積んでいるか、操体の真理を理解し実践しているか、すぐに分かってしまいます。
指導者から正しい理に基づく動きを学び、稽古を重ねましょう!

長塚 設楽 石原 林 藤沢
記 / 長塚