義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2012年12月31日月曜日

2013年 1月 稽古日程

【稽古時間】
居合 毎週 火: 18:30 - 21:30 中目黒スクエア7F
茶道 隔週 土: 10:00 - 17:00 中目黒スクエア5F 

<2013.1月>
【中目黒居合稽古】18:30-21:30
1月8日 (火)第2レク(7F)
1月15日(火)第1レク(6F) 

【茶稽古】
1月12日(土) 13時より 和室A
1月26日(土) 13時より 和室A 

【ウインターフェスティバル 事前練習日】
1月18日(金)(6F)第1レク 18時~21:45終了
1月22日(火)(6F)第1レク 17時~21:45 終了
1月25日(金)(6F)第1レク 18時~21:45 終了

 ※ 見学は随時受け付けております。メールにて日時をご連絡ください。

 View Larger Map

2012年12月26日水曜日

12月25日(火) 居合稽古

平成24年最後の定例稽古です。
刃物を扱うに凡そ一番大切なのは「刃筋」だと思います。
包丁であれ鉈やナイフであれ、振りが雑でも刃筋が正しく食い込めば、モノは切れます。 
・・・というわけで、「刃筋」の稽古。
いざ気にしてやってみると刃音がしない。???
やはり刃筋が乱れます。原因は「刀身を振る方向と刃の向きが不一致」なのです。
また、両手で刀を持っているので片方の手がスムースな刀身の動きを邪魔します。
神経を研ぎ澄まし刃音を確認し何度も振るしかありません。
・・・さて、虎乱之巻、先週8〜14本目までをおこないました。
今週もお浚いです。 2度目なのでそこそこスムースに動けています。
先ずは各形の動きを覚えます。詳細な修正は来年のお楽しみです。

義仙会の皆様
本年は「山あり谷あり」の会士がたくさんおりました。
しかし、こうして年末を迎えることが出来ました。
日本国(神州)の神々(御先祖さま含)のご加護のお陰でもあります、心から感謝いたします。
そしてご加護を得られるまでにその人的資格を磨かれた義仙会士各位を賛えます。 
多くの人・モノ・事・自然・神・皆様に感謝申し上げます。
お陰様で楽しく豊に一年を過ごせました、有難うございました。

<長塚>





2012年12月24日月曜日

12月22日(土) 茶稽古

今年最後の茶稽古はクリスマス茶稽古です。
ドレスコードは赤か緑を身に付けて来る事。
まずは今野が皆に炉の濃茶点前で茶を点てクリスマス和菓子と共に飲んで頂きました。
そしてすぐ恒例のプレゼント交換会。各自千円相当のプレゼント持参して床の間にかざってます。
どれを貰うかを阿弥陀クジで決めました。それからオレからの別のビックプレゼント、これは大貧民三回勝負で決めます。
始め馬場さんが大富豪でしたが最終にちょろ太が優勝でした。
クリスマスケーキも頂き、マヤ暦最終日の次の日、すなわち新世界初日の茶会は未来に向けて楽しく過ごしました。
参加者:馬場、ちょろ太、富岡、頌平、顔六、福井、夕記、千咲。

記:今野
















2012年12月19日水曜日

12月18日(火) 居合稽古

馬場 ガブリエル 松島 高瀬
本日は虎乱之巻8〜14本、先ずは形の動きをおこないました。
年も暮れるこの頃は、奥伝などに触れられる良い時期です。
刀術の広がり奥行きに触れることは、基本の形の習得に良い影響を与えます。
年が明けたら太刀態も取り入れる予定です。
頑張りましょう。

<長塚>




2012年12月17日月曜日

義仙会逍遥会&忘年会2012

<逍遥>
12/15(土)12:30西日暮里駅集合
今回の逍遥は本来目的(和装の伝播)を達成するため和装を必須としました。
今年から「火縄銃」が正式な活動種目になったこともあり、「幕末の鉄砲」をテーマにそぞろに歩きました。
小雨がそぼ降り、粋な番傘やコウモリを広げて谷中・日暮里を闊歩。
道灌山(日の暮れる里、日暮里の名勝)→昭和2年創業の鰻やの稲毛屋(雰囲気・味良し・酒美味し)→谷中銀座(昭和レトロな商店街)→大黒寺の鉄砲で空いた山門の穴→羽二重団子(彰義隊の使った槍を間近に見れます、夏目漱石・正岡子規も通いました)→徳川慶喜の墓所(最後の徳川将軍)・・・時間切れ・・・森重流の森重独立軒の墓所は次回。 そして根津駅から地下鉄に乗り、17:30神田の鳥すきやき「ぼたん」へ。
いつもながらすごく楽しいのは「一に良き仲間」「二に和装」「三に趣向と酒肴」。
上野界隈は今回で2度目。奥の深い歴史的エリアです。



















<忘年会>
12/15(土)17:30ぼたん集合
神田ぼたんは素晴らしい庶民的昭和の建造物、この建物に入るといつもながら心がホットし何故か安らぎます。 もちろん「鳥すきやき」は絶品。特別に育てた良質な鳥を関東の甘辛な出汁を入れた小ぶりな鉄鍋に放り込みグツグツと・・・ また食べたい!
頭の天辺が抜けるほど阿呆な時間をたっぷり楽しんで全員昇天いたしました。

・・・あれほど喰って飲んだのに・・・
名残りの覚めやらぬ約7名、神田駅ガード下の「升亀」、土曜日なのに席は満杯。 社長に頼んで席を確保してもらい何とか潜り込みに成功。 ここは三笠の宮様の御用達のお店。
奥の壁際が宮様の指定席。 N村戦士メチャ濃い一人2杯までの特性赤ワインを飲んで帰らぬ人となりました。 お勘定!一人700円・・・有難うございました。
<筆者不明>