義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年5月14日木曜日

令和2年5月14日オンライン居合稽古第7回

本日の講師は二村です。
私が担当した前回の「含胸抜背」の復習を行い、
本日のテーマ「鞘引き」での身体の使い方を人形を使って解説しました。
人形は複雑に見える居合の動きを、シンプルに伝えるために使ってみました。
決して私が遊んでいるわけではありませんw
理解しても身体がそのとおりに自然に動くには時間がかかります。
他に気を取られると直ぐ悪い癖が出てきます。
反復練習の大切さを痛感しました。
大きな流れを掴むため、土台となる筋肉を鍛えるために、
あえて刀を持たずに練習することもおすすめします。
これは日常の空き時間に行うことが可能です。
今回は筋トレメニューとして行いました。
刀を部屋で振ることが難しいこの時期は、このような練習を積み、
稽古場での再開に備えましょう。

記/二村