義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年5月12日火曜日

令和2年5月12日オンライン居合稽古第6回

本日の講師は長塚です。
今日は「鞘放れ」について。
刀を抜くにおいて、鞘の鯉口から切先が離れ、敵に斬りつけるまでの
心得を解説しました。
①離れた瞬間を意識すること
②柄で斬り付け箇所と敵を意識的に攻めること
③刀身を平行移動の如くに回し込むこと
④左腕を主導として柄手を補助すること
⑤右柄手の手の内を利かせてしっかりと薬指小指で柄を握ること
⑥居合腰と理のある体勢で斬り付けること
以上、解説をもって稽古しました。
モノゴトは出来るようになって初めて理屈が分かるものですが、
分かろうとして稽古を積むことによって出来るようになるものです。
実理の陰陽ですね。

記 / 長塚