義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年11月28日水曜日

11月27日 居合稽古

田宮流居合の昇段審査を終えた後は、しばし田宮流居合太刀態の稽古をおこないます。
主太刀と受太刀の二人一組、経験者が多くなって技の指示がスムーズになりました。
2人の動きを同時に伝えなければなりませんが、口は一つ。
経験者が動きを先導してくれるので経験の浅い剣士もなんとか動きがとれるようになってきました。
2人で木刀を打ち込み合う稽古は、特に距離の間を学ぶのに最適です。
当然の如く、この間が居合の演武でも役に立つのは言うに及びません。
はじめは誰でもぎこちないものですが徐々に徐々に慣れてきました。
森重流砲術の稽古…本日は各砲士が都合で参加できない中、設楽砲士と技の動きについて研鑽しました。
古典を紐解とくことも難解であり、その動きを技に反映させていくこともとても困難ですが、
島津師匠からの教えを守り 技と動作を行うことに努め稽古に励みました。

所、二村、馬場、藤沢、山野、立谷、古山、林、設楽
記/長塚