義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年11月7日水曜日

11月6日 居合稽古

本日の稽古は、所先生を中心に石原講師、二村講師、馬場の指導陣で行いました。
まずは個人個人の修正点と向き合い、充分に体を動かします。
20時からは審査会のシュミレーションを行いました。
本番さながらの緊張感の中、一人一人が真剣に演武しました。
予行練習とはいえ緊張した空気が張りつめます。
審査席から見える正面からの自分の演武を撮影した方は、何度も見直して修正点を確認してください。

段位が上がるたびに、自分が今いるステージのその奥の扉を開けなくてなりません。
容易には開かない扉の向こうに気持ちよく立てる様に、本番まで出来る限り精進しましょう。

所、石原、二村、田中、山野、立谷、古山、林
記/馬場