義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年11月28日水曜日

11月25日「田宮流居合審査会」主催/全日本田宮流居合道連盟 義仙会

本日は田宮流居合の昇段審査をおこないました。
受審者は緊張した面持ちで審査の順番を待ちます。
日頃から錬磨した技をおこないますが、審査という特別な意識の中で平常心を保つことは並々ならぬものであります。
まずは筆記試験。段位ごとの知識を問われます。
立会者 アレックス士の号令で開始。
一級  初段  二段  三段  四段  五段  と張り詰めた空気の中  進行しました。
演武会
培った技量を出せた者  出せなかった者…  各士 自身の心底に向き合っていました。
審査会や演武会は自身を奮い立たせる一つのハードルです。

居合という古武術を学び  日本の古典を知るとともに伝承していく… 
 素晴らしい行ないであると改めて感じました。
受審者の皆様、本当にお疲れ様でした。
記/長塚