義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年10月19日金曜日

10月18日 居合稽古

三段位、二段位、初段一級位の三班に分かれての稽古。
初段一級位は所講師により始礼から終礼までを通して稽古しました。
二段位は馬場講師により技における敵の位置や斬り付け箇所、
斬り手などこれから居合の術者として学ばなければならないコトを稽古しました。
三段位は長塚講師により、微に入り細を穿つ動作 操体 理論を学び稽古しました。

「居合は四段位から奥が分かり出し面白くなってくる」との言葉があります。
奥を学ぶ下地がないと細かな操作の意味が理解出来ません。
細かな操作は習得するのに時間がかかります。
出来る限り稽古に参加して技を磨きましょう!

所、馬場、藤沢、田中、山野、立谷、古山、林、荻須
記/長塚