義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年6月23日木曜日

6月21日 居合稽古

少年組と低段組は所先生、上段組は長塚にての稽古。
少年組は礼法と基本技をゆっくりと丁寧に技をおこないました。
同じことを繰り返すことは少年にとって忍耐となります。
そして忍耐力が身に付いていきます。

上段組は、各人の弱点を集中して稽古しました。
「弱点となる原因は一つ前の動きにある。」
例えば、稲妻の真向斬り下ろし。
相手の頭の様に斬るポイントが高い位置であるとき、上段の構えが低いと振っている最中に
刀身を高い位置にしようとして肘を絞り腕を伸ばして柄手を高くしようとする動きが入ってしまいます。
「修正すべきポイントの前の動き(原因)」となると「上段の構え」です。
この上段の構えが低いことも原因の一つであると思われます。
上段に構えた時の柄手の位置を意識して高めると良いでしょう。

斬る位置をしっかりと理解し、目は漠として見つめ、強い意識を持って、
柔軟に身体を操作して斬り付けることが大事です。
奥儀への入り口…頑張りましょう!


所、石原、馬場、藤沢、北田、佐藤、直太朗、ゆうき
記/長塚