義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年6月1日水曜日

5月29日 一之宮貫前神社 第六回古武術奉納演武祭


一之宮 貫前神社 第六回古武術奉納演武祭(5月29日)がおこなわれました。
社殿にて各流代表が登り修祓式が荘厳に執り行われ、演武会場にて市長挨拶(代読)、
祓の儀は北辰神櫻流居合兵法、その後、古式陣螺術から始まり参加21流派の演武の奉納です。
岩井虎伯先生率いる小中学生による日本伝空手道大道館の空手演武は圧巻でした。
(世界選手権代表選手を輩出しています。)
我々は長塚 石原 二村 馬場 藤沢 後藤 佐藤により、田宮流居合術の 表の巻 虎乱之巻 組居合を奉納させて頂きました。
納めの演武は日本でも岩井先生しかおこなっていない武蔵円明流の隠し武器懐剣術、懐剣とその技に大いに魅了されました。
凄いそして素晴らしい演武に観客は全員静かに見入っていました。
納の儀は渋川一流居合術で奉納演武祭の幕となりました。
安全発展祈願、各流先生方との交流、晴れた佳き日、素晴らしい一日でした。
奉納演武祭を開催して頂いた武備舎の先生方皆様、関係者の皆様に一同心底より感謝し
群馬県富岡町一之宮貫前神社を発ちました。

記/長塚