義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年6月26日金曜日

令和2年6月24日 馬稽古 木曽馬牧場

道中は雨が降るも名峰 富士山の裾野は青空の良い天気。
オンタイムで牧場に着きました。
馬割りに従って早速 騎乗!


漆沢講師を先頭に、林士  藤沢士  近藤士 そして長塚。
近藤士は人生初めての騎乗です。
オートバイのシートとは違い、馬の鞍はよく動きます。
馬は外から見ていると優雅に乗っているように見えますが、
実はいつも何らかの操作を行なっています。
何をどの様に操作するか頭がこんがらかります。
藤沢士と林士、ずいぶんとリラックスして騎乗しています。
速足もお尻を浮かして乗る立ち透かしが様になってきました。
肩や身体に強張りがなくなってイイ感じです。

騎乗中、4回の速足、近藤士も初回からよく頑張りました。



全員で記念撮影!

次は弓稽古。弓の引き方の稽古。



段々と様になってきました。

1回に1人6矢づつ 的に射掛けます。
腕がブラブラになった辺りで仕上げは1人18矢の連射。

気持ち良く弓稽古を納めました!
富士の自然に囲まれ、充分なソーシャルディスタンスで厳しくも楽しい稽古が出来ました。
小作でカボチャのほうとう、小豆のほうとう  そして馬刺し!

お馬さん達にすっかりお世話になった素晴らしい一日でした!

記/長塚