義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年1月30日木曜日

令和2年1月26日 森重流砲術稽古

新年最初の射撃場での実射稽古です。
8:30、栃木県の射撃場に全員集合しました。
始礼と挨拶。
「諸注意を守って安全を最優先に、今年も砲術の修練に励むこと」を
砲士全員 心中に納めました。

早速、5レンジに分かれて各砲士で弾込め、
50m先にセットした的を目掛けて発射!
所作の確認と形を織り混ぜて的に当てるべく放ちました。
的中すると思わず顔が緩みます、再度引き締めて
次の弾込めを行い、自分の動きを確認しつつ稽古を進めました。

新規入会者2名も指導を受けた後、的に向かって発射。
はじめは不慣れな動作でしたが暫し放しているうちに
徐々に動作所作が円滑になってきました。
今後に期待出来ます!

その後、森重流砲術の形にて空砲での稽古を行い、互いに確認して稽古を終えました。
午前中があっという間に過ぎて射撃場での稽古を終えました。
皆さん今年も一年間無事故で森重流砲術の流儀伝承に努めましょう!


長塚  設楽  石原  二村  佐藤  林  藤沢
記 / 長塚