義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年10月7日月曜日

令和元年9月29日 第29回品川宿場まつり

今年は、通称「武器庫」で甲冑、三具の衣装に着替え、バスで品川の寄木神社に向かいました。
柳生心眼流 多田師範ほか2名と合流
行列の出発地点 八ツ山口に向かいました。
12:00 恒例の江戸風俗行列と交通安全パレードの開始。

品川区は東京湾に接し 港区と共に 江戸を警護するための砲術が盛んでした。
品川 日枝神社に鉄砲石があり往時を偲ばせてくれます。

我々は恒例により火縄銃鉄砲隊として森重流砲術の背旗をつけ
甲冑にて行列に臨みました。
法螺貝を撃ち鳴らし、行列に華を添えました。
 
途中 見物客のご依頼に沿って記念写真を何度もパシャリ!
1時間ほどの行列の後、品川寺前で解散。

午後2時過ぎ  北品川商店街の特設会場にて
田宮流居合術の演武、柳生心眼流体術剣術の演武、火打ち石での実演、
法螺貝の体験、森重流砲術の演武と鉄砲の説明などを披露させていただきました。
               【森重流砲術】
【田宮流居合】
           【法螺貝体験】

観客の皆様は最後まで説明や演武をご覧頂きこの場をお借りして御礼申し上げます。
毎年 お世話になっておりますご関係者様に心から御礼申し上げます。
有難うございました。

記:
      森重流砲術
      田宮流居合術  義仙会代表
                                    長塚正晃