義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年1月25日金曜日

平成31年1月20日 新年の祭事 (允可式・安全祈願・新年会)

日本晴れの朝 たくさんの会士が藩邸に集合しました。
先ずは会長から「本年は義仙会活動の一層の充実を図る」旨の挨拶。
允可式では田宮流居合の昇段審査合格者に允可状が授与されました。
誠におめでとうございました。日頃の精進の賜物です。
伝統を継承していくことは日本国民の重要な勤めであり、会士の皆様が真摯に活動されてていることに敬意を表したいと思います。

昼食は江戸の名物弁当「升本」、とても美味しく頂きました。
そして 大鳥神社にて安全祈願。
宮司様にて祝詞を奉じて頂きました。
今年も会士とご家族そして良き関係者の皆様方が大禍なく過ごせるでしょう!
境内では恒例の撮影会。
女士の皆さんの笑顔が素晴らしい! 
着物も艶やかです。 着こなしも申し分なし。
そして蟠竜寺では義仙会の学びイベント「武家のたしなみ」でお世話になっている副住職にご挨拶。 干支の縁起の良い飴を頂きました。有難うございました。
本堂の大日如来様と境内の岩屋(窟)弁天様(山の手七福神)に今年の技芸上達を祈願しました。
藩邸に戻り……
新年会のはじまり。
金杯 錫杯に酒を満たし「乾杯!」
本年もどうぞよろしくお願い致します!
駅前の大地主である八百屋さんが漬けたこだわりの漬物、酒が進みます。
いつながら料理番をつとめてくれる二村奉行、有難うございます。
湯豆腐に特製の薬味 本当に美味しい!
宴も進み 毎年恒例の「投扇興」のはじまり。
江戸時代の室内遊戯。扇子を投げて胡蝶形の的に当て、落ちた形で点数を競います。
真剣勝負! こんなに真面目な顔は滅多に見れません。
勝負を終えて 飲み直し……
そろそろと夜も更けて…
今年も良い新年の祭事を納めることが出来ました。
義仙会一同、今年も多くの皆様への感謝の気持ちを大切に一年を過ごして参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
記/長塚