義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年1月25日金曜日

1月23日 鳴り物稽古

本日のは音楽室にて「法螺貝」「小鼓」「吟詠」… 
いずれも戦場で用いられた諸具の稽古をおこないました。
鳴り物は合図に、声は雑踏の中での武者同士の掛け合いに使われました。
和の諸具は何かにつけて一朝一夕では音すら出ません。
法螺貝は甲の音を出す稽古、呼気の出し方や方向などじっくりと取り組みました。
吟詠は日本人が忘れかけている著名な史実や詩の表現などとても勉強になります。
引き出しの多い武家人を目指し、様々な催事に活用して参りたい…そう思っています。
皆さん 頑張ってくれました!

石原、馬場、藤沢、佐藤
記/長塚