義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年1月25日金曜日

1月24日 刀稽古とリハーサル

上段者にて細かな身体操作をじっくりと稽古しました。
形を真似ることは出来ても、その奥にある奥義は直接指導を受けなければ分からないものです。 
いわゆる手の内です。
身体各部位を動かすタイミングを合理的な組合せでおこなう。
1のリズムだけの単純なリズムは卒業しなければなりません。
刀 切先 柄手を動かすラインを守ること、動作のスピードの変化、強弱遅速、勢いの緩急…などなど
自身で強い命令を出して各部位を動かすことが肝要です。
頭が痺れます。
術理 理合のある奥なる動きが身に付いて本当の居合と言えるようになります。
何度も繰り返して身に付けましょう!

所先生、石原、馬場
記/長塚