義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年5月7日月曜日

5月1日 居合稽古

規矩準縄(みのかねじゅんじょう)身体の使い方における規則規律。
居合に限らずあらゆる技芸に動きのルールがあります。
計り知れないたくさんの決め事をどれだけ覚え身に付けるか。
一定レベルの形の演武における動きを見につけたら、次は正確に行うための修正をおこないます。

規矩準縄。
正しく身体を操作すること。 自身の頭脳から筋肉へ指令を出し自分の身体を正確に動かす。筋力も今まで以上に必要になります。
一例として…膝を床に着けての納刀…前膝が前後左右に動かぬように(弛まぬように)納刀の動作を終える…   筋力も必要です。
山野剣士  頑張って稽古に臨んでいました。
必ず出来るようになります。頑張りましょう!

剣舞組  猛特訓に耐えて仕上りも間近…  そんなに甘くはありませんが、一生懸命に取り組むことで必ずや成就します。
随分と合ってきました。
頑張りましょう!

馬場、藤沢、山野、後藤、林
記/長塚