義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2013年2月5日火曜日

2月3日(日) 2013 ウィンターフェスティバル

長塚 菅野 石原 馬場 ガブリエル 松島 高瀬 田中 福井 夕紀 千咲 ティナ
今日2/3は「目黒区ウインターフェスティバル」です。

我々はこのフェスティバルを新人さんの初舞台(度胸付け)として捉えています。
今回の新人→夕貴 千咲 福井 ティナ 
(そうだ、高瀬も初めてなんだって…? 海外も含め、既にたくさんのステージに出演してます。意外!)
今回は皆、超多忙にもかかわらず、一生懸命に下さらいをおこなって臨みました。
ホラ貝(長塚)での幕開け・鎧武者の登場(石原&田中)・陣羽織と烏帽子の亭主(馬場&高瀬)・半東(福井&ティナ)は鎧大将へ運びます。
茶をいただき、石原&田中の『四方祓い之儀』会場の皆様のご健勝とお幸せを祈念しました。

その後、新人の千咲士と夕紀士による「盆手前」、袖ではたくさん「お抹茶」を点てて会場に配りました。
「美味しい〜!」お菓子は「節分の豆」 砂糖でコーティングされていて甘くて美味かった!
あれ?千咲と夕紀のお茶は泡が立ってません。新人なので勘弁してください。これからこれから・・・。

そして、田宮流居合術。 演武者一人2技を披露。
気合充実・堂々たる演武をおこない、会場からは拍手が沸き上がりました。
全員整列・・・舞台上で記念写真 皆、立派な姿です。 素晴らしい!
















Special Thanks : Photographer (c) Metod Blejec



ステージを無事に納めてお道具類を仕舞う手際良さ、さすがです。
そして、毎年恒例になりました「表千家のお茶室」へ。

鎧大将は、鎧姿のままで茶室入り。
12名が居並び、素晴らしくも珍しい光景です。
御目出度い「おかめ」のお饅頭をいただき、愉快な会話を楽しみながら美味しい抹茶を飲んで、すごく幸せ!
表・裏の両千家で集合写真です。
千両笑顔でナイスショット!!
<大納言>