義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2011年5月30日月曜日

全日本戸山流居合道全国大会

既にご案内のとおり、昨日は「全日本戸山流居合道全国(世界)大会」が町田市立総合体育館にて開催されました。

日本全国、アメリカ、香港など4カ国から総勢140名の選手が参加しました。 
戸山流最高位の籏谷理事長に田宮流居合術の披露演武をおこなう機会を頂戴し、長塚士・石原士・馬場士・金士・井上士の5名が名だたる武士が注視する中、見事な演武を披露いたしました。

 また、義仙会から唯一の選手として出場した金剣士は、初出場のため大きな緊張感に襲われながらも気合で巻藁に挑み、立派に重責を果たしました。 

入会したばかりの藤沢士(撮影役)は、女性ながらも重いカメラを一日中担いで動き回り、一生懸命に撮影の務めを全うしていただきました。 感謝です。

また、一年振りに再会したフロリダ支部のシェリー副支部長は女性ながらも四段の部で見事に優勝し大きなカップに囲まれて喜び一杯でした。 香港・ニューヨーク支部などの皆さんにも久し振りに再会できて、とても有意義な一日でした。 

皆様、本当にお疲れ様でした。

義仙会の田宮流演武も一生懸命に稽古を重ねた結果、その努力が実り、どっしりと重みのある素晴らしい演武をおこなうことが出来ました。会場からも「素晴らしい演武でした」「古流の良さを久し振りに感じました」などまるで、全ての古流居合の代表のような賞賛でした。演武者の実力が確実に高くなっていることを確認でき、とても嬉しかったです。

金剣士は、来年の出場を早くも心に決め、今後は試斬の稽古をたくさんおこないたいと燃えていました。

素晴らしい貴重な経験はこれからの活動に大いに役に立つでしょう。

義仙会の皆様、これからも一つひとつ、義仙会らしい活動を重ね、自身を高めつつ日本文化を大いに伝承し、伝播して参りましょう。

<長塚>