義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年9月6日金曜日

令和元年9月5日 田宮流居合 森重流砲術 稽古

森重流砲術は林砲士  藤沢砲士の肩台の形における台の稽古を行いました。
靖国神社の演武での奉納技です。
火薬を装填しての発射では筒先(銃口)と顔面との距離を
適切に確保しなければなりません。 仕上がり上々です。
田宮流居合術は靖国神社での奉納技を各自で繰り返して稽古を行いました。
敵をしっかりと想像の中で見ること、前かがみになりがちな体を重心に置いて
演武をすることで見違えるほど立派な技となります。
9/8靖国神社では 今日の日本を築いて頂いた御英霊の皆々様に心からの感謝の意を表して
日頃から鍛えさせて頂だいた技を奉納させて頂きましょう!

石原 藤沢 田中 後藤 佐藤 古山 林 荻須 小松1 小松2 設楽
記 / 長塚