義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年4月27日金曜日

4月26日 居合稽古

手の内の使い方と呼道の取り方について集中的に稽古をおこないました。
一般的には10年以上の熟達者がおこなう稽古ですが、あえて初級者にも稽古して頂きました。
柄を握った指の形で握りを緩めることで刀を自由に使う稽古をおこないました。
あらゆる技において手品師の如く繊細に掌(て)を使います。
次に呼吸法、呼道を自ら塞いでは動いているうちに酸素の吸収量が少なく息が上がります。
舌の付け根を丸く使って酸素を取り込む呼道を空けておいてあげなければなりません。
また、吐気をしながら刀を振りました。
呼気を止めると体が硬直し動作を妨げます。
最後は太刀態の一種から七種までを主太刀 受太刀 交互に稽古しました。
「間」の取り方を含め、随分と動きに慣れてきました。
内容の濃い稽古は地味で神経を使います。
皆さん お疲れ様でした。

石原、馬場、藤沢、アレックス、古山、林
記/長塚