義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2018年3月29日木曜日

3月27日 居合稽古

今日は4/21に開催される日本古武道振興会浅草大会での森重流砲術のリハーサルをおこないました。
設楽士から当日の演武概要の説明を聞いたあと古式火縄銃の稽古。
佐藤砲士は主に二段の形をおこない、設楽士の説明を真剣に聞き、動作を繰り返し稽古していました。
田宮流居合術は太刀態の第一から第七を主太刀と受太刀が交互に入れ代わっておこないました。
太刀態の稽古は年明けから3回目となりますが徐々に身体動作が自然に行なわれるようになってきました。
引続きおこなっていきます。

所先生、馬場、藤沢、田中、後藤、佐藤、古山、林、設楽
記/長塚
稽古帰りは毎年恒例の目黒川での夜桜見へ。
また来週もハラハラ散る桜吹雪を見に行きましょう。