義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2017年7月21日金曜日

7月18日 居合稽古

動きには理合(りあい)があり、理合の伴わない動きは正しい動きとは言い難く、
また美しさにも欠けてしまいます。
居合は仮想敵に対する様々な想定に対しての内外面の動きをおこなうものであります。
とても重要なことは「斬る箇所の把握」「敵の動きの理解」です。
その上で「正しく斬る動作」が肝要となります。

今日は、斬る箇所に達するまでの動きを稽古しました。
「美と位」の動きを身につけていきましょう!

石原、二村、馬場、藤沢、後藤、佐藤、古山、林、小崎
記/長塚












*本日はイタリア・シチリアからのお客さまがいらっしゃいました。
パレルモでの「日伊文化交流会」では、私たちのケアや通訳をしてくださった育可さんと
可愛いお嬢さんのミラちゃん、リアちゃんの親子3人です。
11歳のミラちゃんは居合をとても楽しんでいました。
真剣な表情で教わったことがすぐにできます。素質抜群です!
5歳のリアちゃんの可愛さで、さすがの剣士たちもしばしメロメロ・・。
またパレルモの「日伊文化交流会」ではお世話になると思います。
宜しくお願いいたします。(馬場)