義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2017年5月26日金曜日

5月21日 「大船まつり」

恒例のオープニング  加藤清正に扮した長塚会長を筆頭武将に、地元ゆかりの 岩瀬与一太郎  北条綱成  甘粕佐渡守長俊  の三旗を背に付けた石原士  佐藤士  金井士。
貝役(ホラ貝)の馬場士  藤沢士。
そして山野士 金井よしの士  古山士  林士  安永士  以上11名の参戦。
邪気払いの後、まつりの開始を告げる「出陣!」の号令と「ホラ貝の音」全員による鬨の声「エイエイ  オー!」
今年も大船まつりのスタートです。


松竹大船撮影所にちなんだ映画仮装パレード  900名を超えるパレード  マーチングバンド お囃子が華々しく行進…  
TVカメラや新聞などの取材カメラが回り  道路が96,000人にも及ぶ大勢の観客で溢れ出しました。
熊本復興支援も大船まつりのもう一つの目的 、くまもんが熊本県から来てくれました。
義仙会扮する加藤清正武将隊は くまもん オンステージの直前に子供達と観客の皆様に一芸をもってご多幸の祈念をおこないました。
真夏のような暑さの中、甲冑や三具に包んだ身は滝のような汗にまみれました。


























事故もなく 晴天の下、大船駅周辺のまつりの各会場は大盛況でした。
 義仙会士とその仲間達、今日一日 たくさんの人に幸せを進呈させて頂いた喜びの中で 美酒にて善き日を納めました。
有難うございました。