義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2017年5月17日水曜日

5月16日 居合稽古

少し間がいて稽古に参加される会士への指導…
指導する側として、しばし斬り下ろしなど基本の動きや形などの動きを見ます。
その剣士の一番良かった頃の状態は記憶しているもので、しばしウォームアップをチラリと見つつ…
1時間位経過すると何となく蘇ってきて…その段階でアドバイスをおこないます。
「過去の動きに戻すアドバイス」と「これからやらねばならないアドバイス」
 どうして前者が大半となってしまいます。
物事はやればやるほど気付くことが多くなり 益々奥が深くなっていきます。
しばし稽古に参加出来ずとも、日本文化の伝承士として辞めずに続けましょう。
継続は力なり!

石原、藤沢、田中、後藤、佐藤、古山
記/長塚