義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2017年3月8日水曜日

3月7日 居合稽古

今日は会士の集まる時間まで、3/20の新宿伊勢丹会館6階レストランシアター
「ガルロチ」出演の下さらいをおこないました。
当日の甲冑武技、鎧兜の落とし、ステージの演出などを確認しました。
完全装備で約30kg、舞い続けること2度、本場舞台の高さ制限による中腰での動き回りは相当な厳しさを改めて痛感しました。

「能×武×フラメンコイベント」はメールフォームからご予約ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e02c099493749
お問い合わせ:reserva@garlochi.net)
garlochi.net
03-5361-6125





会士も集まり稽古の開始。
巨漢の体躯に恵まれた剣士は強い腕力などの筋肉で居合の動作を行ってしまう。
そのため身体中心の体幹を柔らかく使う重要な身体使いの意識が薄れてしまう。
柔らかく強くリラックスした状態で身体を使いつつ居合を風振る。
どこまで辿り着けるか、同舟歩的、同じ的に向かって一緒に歩みましょう!









所、石原、馬場、藤沢、ガブリエル、アレックス、山野、後藤、佐藤、直太朗、古山
記/長塚