義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2017年1月23日月曜日

1月19日 居合稽古

本日は基本の基本稽古。
武術家としての歩行術。
田宮流では特に腰と上体の締めに伴う足甲の向きを大切にしています。
先ずは足甲つま先を歩行方向に真っ直ぐ向けて歩く練習から。
先端部位はセンサーの役目、先行動作を行いつつも、
大切なのはいつも体幹筋が柔らかく使えていること。
実際の刀術戦は獲物が如何に早く相手の身体に届くか…イザ勝負!

藤沢、北田、後藤、佐藤、直太朗、悠貴、大橋、湯本
記/長塚