義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年11月10日木曜日

11月8日 居合稽古

自分の演武と指導者高段者の演武を比較して観ることはとても大事です。
大事ではありますが、その違いを観察眼を持ってしっかりと見抜かなければ
自分へのフィードバックになりません。
観る目を養い、修練に役立てることで身に付きます。
さて、全体に視線が低い。いつも通りのアドバイスなので、しっかり守って稽古してください。
なお、敵の動き、敵の位置、斬る個所を理解し、見えない敵を見て演武が出来るよう普段から頭の中に映像を作り込んで稽古をすると、さらなる効果が上がります。
各位頑張って下さい!

立谷さんが初稽古しました。
居合刀と稽古着が揃ったら12月から本格的に稽古を開始しましょう。
よろしくお願いします。

石原、馬場、藤沢、北田、後藤、佐藤、宮久、直太朗、悠貴、立谷
記/長塚