義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年7月28日木曜日

7月26日 居合稽古

今日の稽古は先代宗家である第十四代妻木正麟宗家の監修による通称黒本といわれている
指導書を読み上げながら各技の稽古をおこないました。

読み上げ担当は馬場士と藤沢士が交代で通読、要所では質疑を交えて研鑽しました。
「不文律」とは文字化されていない(動きの)ルール。この部分は口伝です。
武術の根本的な動きは犯してはならない。
その動きを理解し操体に反映させているか。
理外れな動きでは武術の素人といわれても仕方なし。
「理合」が大切です。身体操法において理屈が合っていること。
「成文律」と「不文律」、どちらも我々に虎口を向け、
「しっかり理解してしっかり稽古せよ!」と言い続けています。

所、馬場、藤沢、ガブリエル、田中、北田、宮久
記/長塚