義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年9月19日土曜日

令和2年9月15日 森重流砲術稽古 於:江古田道場

 
今日は靖国神社古武術奉納演武会の演武の反省点を復習しました。
古武術としての砲術(火縄式銃砲)を行う者は伝書に従って
キッチリと技を行う責任があります。
上手下手は修練によりますが、先ずは自身が稽古によりその動きや操作を身につける様
努力しなければなりません。
各砲士の技を復習し、砲術に必要な左腕の筋力を鍛えました。
筒の片手持ち上げを幾度も繰り返し… 腕が震えてきます。
たくさんの人数で行う鍛錬は楽しいものです!

長塚 設楽 佐藤 林 藤沢
記 / 長塚