義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年12月14日土曜日

令和元年12月14日 忘年会

待ちに待った楽しい忘年会!
今年は今までの場所から目黒のカフーに変えて開催しました。
飲み放題で美味しい料理もあり、スタッフの皆さんに感謝です。

ステージにはドラムセットやキーボードなどが置いてあり、
生演奏を予感させます。

長塚会長の挨拶により大忘年大会はスタート、
義仙会の会員、友人を合わせて総勢21名のトップバッターは、
四百年前から時空を越えて参加した侍バンド「関ケ原」
の皆さんです。
現代の服の着こなしも様になっていて、とても江戸時代から来た
とは思えない演奏に一同笑いが絶えませんでした。
次回は、タイムマシンの調子が良ければ、2020年2月2日14:20頃に
中目黒青少年プラザでライブがあるそうです。
早く笑いたいものです
今回は、特に目立った仮装はなかったものの、歌声や息のあった
パフォーマンスは圧巻でした。
1人でQueen の全パートを歌うボヘミアンラプソディ
熟達したピンクレディーの動きは馴染んでいてもはや日常の動作
甘い歌声、演歌、艶歌デュエット、懐メロなど
芸に磨きがかかっています。来年の磨き具合を想像すると
今から不眠になりそうです。
そして、また生演奏コーナーです。
所先生の弾き語り、シンガーソングライター京橋司の公開ライブ、
十余年ぶりにステージに立つバンド「The Gepps.」の演奏が
行われました。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
来年はマジックや講座など、歌の代わりにやるのも有りだなと
思いました。早くも来年の催しを考えてしまいます。

友人の皆さん、お店のスタッフの皆さん、このたびは盛り上げて
いただきありがとうございました。
来年の忘年会も皆さん是非ご参加ください!
共に笑いましょう!
追伸 二次会のネギま鍋も最高でした!


記/二村