義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年11月18日月曜日

令和元年11月17日 秋のお茶会

今回は、大田区の池上梅園の中にあるお茶室”聴雨庵”にて。
昭和58年に大田区に寄贈された建物で元所有者は、政治家、藤山一郎氏。
昭和19年に、東条内閣打倒密議が行われた歴史あるお茶室です。
広いお庭、昔ながらのつくりの和室、障子戸に
師匠のお客様へのおもてなしのお花、掛け軸、お香が加わり、
ぽかぽかとした小春日和のお天気も心地よく、
お濃茶、お薄茶のお席に色とりどりのお菓子とおいしいお弁当、
楽しく、和気あいあいと、また時に、厳かに雰囲気のあるお茶会が行われました。
今回は、2名の男性による初お点前!皆様へのおもてなしも無事に達成です。
そして、ここは、特別に炭を起こしてのお点前のできる場所でした。
普段はできないお点前で、新たな教えをいただくこともできました。
また、今回の開催にあたり、裏で準備、進行に協力してくれたお茶部のメンバーには
感謝です。
次回は、梅の咲いている季節に、また、いっそう楽しいお茶会が
できたならと思っています。

記/藤沢