義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年6月30日日曜日

令和元年6月27日 田宮流居合術 森重流砲術稽古

森重流砲術の基本七箇条を設楽砲士の指導によりおこないました。
礼法を伝授された後は、形を稽古。
火縄銃特有のカラクリの操作、足と体の操作など新たな感覚に感動が走りました。
重い銃身を保持する左腕はパンパンです!

田宮流居合術(紀州伝系)  は 「刀をふうぶる」ことに着眼して稽古を行いました。
圧倒的な技量で敵を制圧し 大いなる自分となって 刀をふうぶり  勝ち名乗りをあげる。
急緩遅速  堂々たる居合とその風情 を持ってふうぶれば、まさに位の田宮  美の田宮  の真骨頂です。
頑張って  ふう振りましょう!


二村、藤沢、後藤、古山、林、小松A、小松B、近藤/設楽砲士
記/長塚