義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年5月19日日曜日

令和元年5月19日 「第16回大船まつり」

早朝7:30 大船の三菱電気(株)体育館に全員集合。
武具運搬車から体育館に全員で搬入、その速さはいつもながら見事です。
各士  テキパキと支度を整え 8:50予定通りに体育館を出発出来ました。
さすがです!

9:20オープンニング  田子実行委員長の挨拶。
そして  義仙会によるセレモニー。
日本文化を身に付けた義仙会士の時代衣装の姿はいつもながら見事です。
はじめに「法螺貝清奏」により大船全域に結界を結んだ後、「四方祓い 」にて来場者のご多幸を祈念し、
「場開き」にて第16回大船まつりの成功を祈る儀式を執り行いました。
10:00行列開始。
松竹映画のスタジオがあった大船、松竹映画パレードが動き出しました。
ウェスタン、スターウォーズ、寅さん、小川ローザ…
本格的な衣装に身にまとった参加者の皆さん  かなり決まってました!
 
11:00 イベント会場で 様々な芸が繰り広げられました。
義仙会は田宮流居合  森重流砲術  武者舞を披露。
大勢の観客の皆様からたくさんの拍手を頂戴しました。
有難うございました!
時折 太陽が顔を見せる好天の中、義仙会士全員がそれぞれの使命に邁進し心地よい汗が流れ落ちました。
大船まつりの実行委員会の皆様とご関係者の皆様  今年もたくさんお世話になり感謝申し上げます。
有難うございました。

記/義仙会代表  長塚正晃