義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2019年2月14日木曜日

2月12日 居合砲術稽古

今日は稲妻における柄手の握り。
稲妻の一刀目は敵の右肘辺りへの僅かな切上げを伴う水平斬り。
斬り終えた時は二の腕 手の甲 刀身の鎬が平面を作ります。
握りが浅いと手首が曲がります。
ポイントは 鯉口を切り 刀身を抜き出しながら「左手」で鞘を回して右手のひらの握るべく位置までしっかりと深目に回してあげること。
今日はウインターフェスティバルで演武をご覧頂いた母娘の見学者さんに来場頂きました。
稽古の方法 会の活動 目的 雰囲気などを説明させて頂きました。
ご入会頂き 感謝申し上げます。
意義ある日本文化を一緒に楽しみつつ身に染み込ませいきましょう!

所、馬場、藤沢、アレックス、林、設楽
記/長塚