義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年9月14日水曜日

9月11日「第10回 靖国神社古武術奉納演武会」

平成28年9月11日、靖国神社に於いて第10回古武術奉納演武会を開催致しました。

「参加団体」
義仙会 田宮流居合術
竹翁舎柳生心眼流
武備舎気楽流戸田流
森重流砲術島津派
天神明進流
正木流
武楽座
関口流抜刀術
兼相流無比流

朝方の雨もすっかり上がり過ごしやすい気温の中、参加各団体総勢による会場の準備も円滑に進みました。
何時もながらの皆様のご協力に感謝致します。
古武術演武ご奉納への準備が進む中、靖国神社様との話し合いにて例年おこなっていた行列に代わり、
今年は本殿内での安全祈願を執り行って頂けることになりました。
予定の時間となり、各流団体長を先頭に参集殿から入り、手水をおこなって修伐そして奥の本殿内に入りました。
各団体長による玉串奉奠をおこない御祭神御英霊に建国の感謝と伝統古武術の継続
そして各団体の安全を祈願致しました。
重厚かつ厳かな祈願をおこなえましたことに一同心から靖国神社様に感謝致しました。
各位の協力により円滑に開演の時を迎え挨拶の後、武楽座の清めの武舞で幕を開けました。



外はたくさんの観覧のお客様で溢れ、演武者もとても有難く奉納させて頂くことが出来ました。
「田宮流居合術」























トリは森重流砲術、御神霊に届けとばかり号砲を響かせて感謝の意を送らせて頂き、
第10回古武術奉納演武会を納めることが出来ました。

















事故無く、無事に古武術を奉納させて頂くことが出来たのは、早朝から一日中身直にいて心配りをして頂いた
宣徳課をはじめとする靖国神社の皆様の賜物であります。


最後に、靖国神社宣徳課様の多大なるご助力ご支援、地元麹町警察署様のご許可ご協力、関係各位のご協力を賜わり、
無事に第10回の古武術ご奉納をさせて頂きましたことに心より感謝申し上げます。

靖国神社古武術奉納会  義仙会会長 長塚