義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年2月18日木曜日

2月16日 居合稽古

二村主任講師が来場するまで素振りの稽古です。
腕の動き、身体の同調  そして   手の内の使い方  … 
上段の構えから真向に斬り下ろすだけでも奥の深いものです。
二村主任講師の指導開始。  居合腰  上体下腿の構え  など基本姿勢の指導です。
ゆっくりと構えを確認するだけで額から汗が吹き出します。
頭で理解して自分の身体のすみずみに命令して動かす。  大切な稽古の一つです。

アレックス士、帰国のため最後の稽古になりました。
1〜7本の特別プログラムで有終の美を飾りました。
アレックス士の秋の東京の故郷帰り、皆でお待ちしています。

石原、二村、馬場、藤沢、ガブリエル、アレックス、山野、後藤、佐藤、中谷、直太郎
(見学体験者:堤さん。終了までの体験稽古、お疲れ様でした。
山野有梨さん。また日本に帰国した時に体験にいらして下さい。)

記/長塚