義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2014年12月2日火曜日

11月29日 斬り稽古


26年11月29日、久し振りに斬り稽古をおこないました。
当会は毎年9月以降にたくさんの催事を開催するため、
なかなか斬り稽古をおこなえません。
11月の田宮流審査会のため形の稽古に集中してきましたが、
これから斬り・剣術などにも時間を当てられます。
「斬り稽古は月1回はおこないたい」との要望もありますので予定したいと思います。
さて、斬りの手ごたえは格別のものがあります。
手ごたえは実感で刃筋を知ることが出来ます。
形の稽古では知り得ないものです。
各士一人ひとり感触を思い出すように巻き藁を斬っていました。
早い振りの中での「スロー(遅)」「スピード(速)」「スロー(遅)」、
「緩(弱)」「強」「緩(弱)」
力とスピードを駆使すると空振りします。
しっかりと力と速度のタイミングを合わせ、刃筋を整えて、はじめて斬れます。
斬りも奥が深い!

今野 所 二村 ガブリエル 田中 フィリップ 又吉 直太朗(見学)
記事/長塚