義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2014年11月3日月曜日

11月3日<森重流砲術演武(日本古武道振興会 明治神宮)>


雨天予想の天気予報でしたが、天気は好転し良い秋空の日になりました。
警備に馬場士・後藤士・又吉士、応援にガブリエル士に来ていただきました。
演武の時間まで、明治節の大祭でにぎわう明治神宮内をそれぞれに楽しみました。
(古武術・古典芸能・郷土芸能・模擬店・武田流流鏑馬など)砲術の準備は
常のごとく手際よくおこなわれ、準備万端。
演武はベテラン揃いのため隊列も乱れずリズミカルにおこなわれました。
火薬(ひぐすり)の放つこだまが明治神宮の杜に心地よく響きました。
今年の納めの砲術演武、釣べ放し・一斉放しも見事に決まり、
不発もなく納めることができました。
皆様 神様 ご先祖様のお蔭です。
どうも有難うございました。

島津宗家 長塚 所 石原 二村 (大橋 内 設楽 工藤)
記/長塚