義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2014年7月2日水曜日

7月1日 居合稽古

今日は「大会のフィードバック」をおこないました。
各士、自身の不足ポイントは既に理解しています。
試合でのミスは意識された動作でない場合に起こりがちです。
何千部位もの心体操法への配慮が必要ですが、人の生涯では到達しえないとも言われています。
出場選手は、試合後に審判や上席の先生方から親切なアドバイスをいただきました。
ウィークポイントは自分で分かってはいても、改めて指摘を受けることが出来たことで心に新たに火を着けることができます。
良く見ていてくれてます、感謝です。
「刀の振り下し」基本中の基本。

とはいえ簡単ではありません。
とても難しく奥の深い理解が必要です。
動作のマネだけでは到達しません。身体操法の理解、何故の解消があって上達するものです。
一生懸命に伝えていきたいと思います。
また楽しく頑張って稽古をしていきましょう!
記/長塚