義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年11月27日金曜日

令和2年11月26日 田宮流居合術稽古 青少年プラザ

少年組の実技審査を行いました。
審査前に参加者全員で始礼〜技〜終礼を繰り返して稽古。
そして、少年組審査会の開催。
スタッフが役に応じて配置され、立会役から「はじめ!」の声。
凛とした空気の中、少年組の審査を終えました。
そして合格発表は、見事に合格!
おめでとうございました!

横須賀市での全日本田宮流居合道連盟の審査会が終わると心に余裕が出ます。今は田宮流独特の「微に入り細を穿つ」技を行うための稽古に最適です。
しかしながら奥義を行うためにはしっかりとした基本も大切です。
運足 脱刀 納刀 手の内…
素直に指導に従い習うこと「習い大事」 先人の知恵です。

長塚 石原 佐藤 古山 林
記 /長塚