義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道を基本に現代における武士道の精神を育成し、国際社会に通用する日本人を目指す会です。 武(居合道)文(茶道)・着付け・甲冑・火縄銃・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年10月18日火曜日

田宮流居合術元和会全体講習会

平成28年10月16日
横須賀市諏訪小学校体育館 にて全体講習会が開催されました。

11月に行われる審査会を目前とした講習会のため、参加者の熱意で会場が熱気に溢れました。
我が支部会員からは四段受審者を筆頭に11名が参加しました。
身体の使い過ぎによりコンディションを崩している会士が多く、気掛かりな状況でした。
午前中は妻木宗家の解説と指導、「礼式」「 稲妻」「押し抜き」「 除け身」
「 胸之刀」「柄外し」「突き止め」 そして 「刀合切」 の解説と稽古がおこなわれました。

午後は段位別に班分けされての講習。
各班の指導者の指導は、自会の講師とは技の解説内容が同じでも表現やニュアンスが異なり、勉強になります。
最後の合同演武は、一日の成果を確認することが出来たより良い演武でした。
妻木宗家と各講師そして運営スタッフの皆様に感謝して本日の全体講習会を終えました。
皆様一日お疲れ様でした。

石原、馬場、藤沢、桑原、田中、ガブリエル、北田、後藤、佐藤、宮久
記/長塚