義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2011年10月9日日曜日

10月4日(火)

参加者:長塚 所 菅野 石原 藤井 二村 馬場 ガブリエル 松島 フランソワ サンドリン

基本の素振りの後は、神前礼から技そして終礼を各自のペースでおこないました。

自分のチェックポイントを確かめために効果的な稽古です。

敵の想定が曖昧であると攻撃の方向、斬る位置などが定まりません。

敵の動きをしっかりと想定することに努めましょう。

今日は、松島会士のフランスの友人2名が見学・体験参加しました。

3年間ほど日本に滞在して日本語を勉強していたとか。只今、旅行中とのこと、羨ましい!

武道の経験は無いとのことでしたが、二人とも一生懸命、刀の稽古に集中しておりました。

後半には納刀もスムースに出来るようになってきました。今日の経験を良い記憶に留めて頂ければ幸いです。

間もなくイタリア遠征、そして昇段審査と気の抜けない催事が続きます。

季節の変わり目でもあり、風邪などひかぬよう体調管理をいたしましょう。

<長塚>