義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2021年5月25日火曜日

令和3年5月23日 富岡市一之宮貫前神社 古武術奉納演武祭

好天に恵まれ、10時修伐式 そして開式。
祓いの儀の後、各古武術団体による演武がはじまりました。
諸般の事情により急遽参加が叶わなくなった団体も多く、次第を繰上げての演武。

義仙会…森重流砲術→稽古を重ねた砲士が三段之形を見事に奉じました。

田宮流居合術→各剣士が磨いた形を想定に従い滞りなく奉じました。
二人太刀
組太刀

武者舞(影)→由緒ある薙刀での武者舞。薙刀による武者舞は初めてであり、また稽古場が
取れない中、野外での稽古を重ね、前日に下浚いを行って用意周到。
恥ずることのない演武を神々に奉じることができました。
 

帰路、いつもの着物屋さんと酒土産店で良い時間を過ごさせて頂き、無事に帰藩しました。

武備舎とご関係の皆様、有難うございました。

<宿泊:おちゅんの宿>

長塚 石原 藤沢 佐藤 林
記 / 長塚