義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年8月22日土曜日

令和2年8月20日 田宮流居合術稽古 於:武器庫

初段以下の剣士は、石原講師の下礼法の徹底稽古をしました。
何事も繰り返すうちに動きに慣れが出てきます。
次回も繰り返し稽古に取り組むことで深く身についてきます。
稽古には必ず出席して壁を乗り越えましょう。

初段以上の剣士は、技の理合に従って身体の「軸」に関わる稽古を行いました。
動きには理があり、修練で実が生まれます。
一つひとつ、ゆっくりと意識の下で身体を動かすこと。
初段から三段位までは技を一層丁寧に行う稽古が有効です。

長塚  石原  藤沢  佐藤  林  小松1.2  太田
記  / 長塚