義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2015年10月26日月曜日

10月20日 居合稽古

この日は2グループに分かれての稽古です。
一つは25日の「町田時代まつり」に向けて居合演武のお浚いをしました。
8人で1本目から5本目までを立ち技に変えた演武をします。
複数での演武はなんといってもタイミングが重要、一人一人の完成度も重要ですがバラバラでは美しくありません。
声をかけながら、タイミングを体に覚えさせました。
甲冑組み太刀は稽古の段階で迫力があります。
当日、観衆の皆様に喜んでいただけることが楽しみです。

もう一つは11月に迫った審査会に向けて、自分の欠点を徹底的に何度も修正を行いました。
長塚先生の厳しい檄が飛びます。
とにかく体に覚えさせることが重要です。自分に言い聞かせながら欠点を乗り越えましょう。
フランスからの体験者、アレックスの友人のVirginieさん。
パリでは剣道と居合道を学んでいる美人さん。また遊びに来てくださいね。

今野、石原、二村、馬場、藤沢、ガブリエル、桑原、田中、譽田、北田、
山野、後藤、直太朗、佐藤、中谷
記/馬場