義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2020年4月4日土曜日

令和2年3月26日 居合稽古

刀を鞘から抜く→構える→斬る→血振をする→鞘に納める、
最も基本的な一連の動作を繰り返して稽古しました。
敵への警戒と攻めと残心など心の持ち方など見えない動作が必須となります。
重ねられた稽古によって心の技も昇華されていきます。

基本の形は二村講師のもとで稽古を繰り返しました。
武者舞も居合も運足をはじめ動作には律があります。
舞は早い運足と回転と目配り(気取り)が伴ないます。
その早い動きこそ正確な先行動作が求められます。
意識して動くことが肝要です。 頑張りましょう!


長塚、二村、藤沢、後藤、林、太田
記/長塚