義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2014年3月24日月曜日

3月18日 居合稽古


初段班は石原講師・二村講師で6階道場にて
「抜き方」「納め方」「基本の振り」をおこないました。
基本が実はとても難しく大切な稽古です。
中段以上は「合せ」と「形」を稽古しました。
少しづつ動きに慣れてきて、重要な「間」と「気」が良くなってきました。

高瀬頌平君は、今日が最終の稽古となりました。
就職が名古屋の企業に決まり、明日、郷里の名古屋に戻ります。
引き続き会員でいて頂き、時間と余裕が出来たら、
いつでも東京にきて諸活動と稽古に参加してください。
2年間、私達と共に学んだことを将来に活かし日本人として誇れる
立派な国際人になってください。
いつも応援しています。

本日の稽古にスウェーデン女性教育協会の
Kathleenご夫妻が
居合の体験・見学にいらっしゃいました。
楽しそうに刀を体験してくださいました。

所先生、石原講師、二村講師、馬場、藤沢、高瀬、ガブリエル、
ロジャー、アレックス、北田、山野、須永、宮久

記/馬場