義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2012年10月30日火曜日

10月27日(土) 茶稽古

10月風炉の最後の稽古ですが、麻衣姫の日本での振袖での最後の稽古になりました。
始めは何時もの様に輪になり割稽古からです。今日から新人の夕紀さんも加わりました。
そして来月のシチリア遠征隊の特訓も、馬場ちょろ組が去年考案した二人シンクロ点前を稽古し
頌平君が正面座り一人点前を稽古し、裕子先生が加わったので部屋の向こうで馬場さんとシンクロのチェックをしてました。
それに福井さんに初めての点前をして頂きました。

参加者:所邦子、麻衣、馬場、ちゃろ太、熊蔵、頌平、福井、顔六、夕紀、裕子先生

記:今野












そして麻衣姫の最後の点前です。皆見つめる中、優雅に一つのミスも無く美しい点前です。
たった三年でここ迄上手くなるとは麻衣ちゃんの努力と才能ですね。
これが最後かと思い見ていて胸が熱くなり、、、ただ嬉しいです。
ジャカルタの地に行っても日本文化の優しさ美しさを彼の地に伝えてくれたら、こんな嬉しい事はありません。
茶人同志に最後の挨拶をしてくれました。
ありがとう麻衣ちゃん。